FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も知らされず残されたものの苦悩

先日来られた相続の相談の方が、再び来られた。
何もかも、亡くなられたご主人がやってこられていただけに
その会社の取引や権利関係が全く分からず、
大変困っておられ、こちらも対処をしたいのは山々であるが、
確定申告で、どうしても時間が取れず、申告明けまでに
相続人さんができることをお願いした。

会社等をやっておられたので、大抵は税理士等が
ついていることが多いが、ここのようにすべて自分でやっていると、
残されたものは、聞く相手に困る。
会社経営者、特に同族会社の場合は、すべて自分でやったにしても
その内容を次世代に渡せるようにしておいてほしいものだ。

何分、ここは社長が存命中に解散をしようとされていたのも
残されたもののことを思ってのことだったかもしれない。
急逝されたのが本人や家族にとって想定外だったのだろう。
人生、思うようにはなかなかいかないものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shingyou

Author:shingyou
兵庫県尼崎市
西村税理士事務所

電話:06-6482-0349

最近の記事
カテゴリー
リンク
広告
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
アクセスランキング

にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ファイナンス
1242位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経理・会計
191位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSフィード
PR
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。