FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

65万円控除はどうでしょう

今月申告期限を迎える法人の進行処理を済ませ、
個人の確定申告へ意識を集中することができる。

帳簿ををある程度記載できる人や所得がかなり出る人。
そのような人には、65万円控除ができるよう、帳簿付けを勧める。
何もせず、青色申告だけなら10万円控除が普通。
しかし、貸借対処表を作りそのために営業用の通帳等を開示し、
複式簿記で会計処理をすれば、65万円控除となる。

65万円と10万円その差額に対してかかる税金は税率5%として、
27,500円。これをどう考えるかはそれぞれだ。

将来法人成り等を考えている人にとっては、勉強になりかつ65万円控除
というご褒美までついてくる。一考の価値はあるように思えるのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shingyou

Author:shingyou
兵庫県尼崎市
西村税理士事務所

電話:06-6482-0349

最近の記事
カテゴリー
リンク
広告
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
アクセスランキング

にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ファイナンス
515位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経理・会計
111位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
PR
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。