FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物評価の云々

高層マンションへの固定資産税評方法が見直される。
お金持ちの相続対策に使われている、という世間の批判により、
課税庁が重い腰を上げたということか。

しかし、今回の見直しは、我々にも利点があるのでは?と思うことがある。
高層のマンション等の区分所有権の売却に関して、固定資産税評価額額をもとに
案分し、売却原価を求める方法は以前より合理性がなく、
税務署は認めないとよく言われる。
そのために、不動産屋でその物件の取引相場を調べ、
その金額を用いる等をしなければならない。
その手数を省くことにはならないだろうか。

税務の専門家の中には、現在の相続税法の課税方法は不合理な部分が多く、
いっそのこと所得税法による課税をしてはどうかという話も聞く。
そうなれば、上記のような場合、
相続税と所得税での評価方法の違いを解消できるのではないか?
などと考えたりもする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shingyou

Author:shingyou
兵庫県尼崎市
西村税理士事務所

電話:06-6482-0349

最近の記事
カテゴリー
リンク
広告
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
アクセスランキング

にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ファイナンス
1242位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経理・会計
191位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSフィード
PR
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。