FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粗利が赤字なんて!

ここに酒を中心とした小売業者がある。
営業不振だが、事業は続けたいということで、法人から個人成りをした。
帳簿の付け方は法人の時と変わらず、複式簿記行っている。

個人となっても銀行と交渉の上、やっと当座の口座を確保した。
こんなところにも商売継続の意欲が見て取れないでもない。
しかし、相変わらず赤字状態が続いている。
営業利益段階で赤字ならば、販管費の見直し等をし、
固定費や変動費の割合を精査したりするのであるが、
ここは、売上総利益(粗利)段階で、しっかりとした赤字を出している。

小売業をやっていて、粗利で赤字を出すというのは普通では考えられない。
売れもしないのにむやみに仕入れをしているとしか考えられない。
決算時での棚卸をやれば、粗利の赤字が解消されるのか。
そうであるとしても、日々の在庫管理が行き届いていないのではないか。

商売とは慈善事業ではなく、営利事業だ。儲かってなんぼの世界だ。
それなのにしっかりとした赤字の中事業を続ける、何か裏があるのでは?
どうしても勘ぐってしまう。そんな勘繰りが、ただの勘繰りであることを願っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shingyou

Author:shingyou
兵庫県尼崎市
西村税理士事務所

電話:06-6482-0349

最近の記事
カテゴリー
リンク
広告
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
アクセスランキング

にほんブログ村
[ジャンルランキング]
ファイナンス
515位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経理・会計
111位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
PR
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。